国立の歯科【おおばデンタルクリニック】日曜診療の歯医者

所在地/〒186-0005 東京都国立市西1-1-6-104

診療時間/月~金 午前9:30~12:30 午後14:00~19:00
土曜日 午前9:30~12:30 日曜日 10:00~13:00

休診日/祝日

おおばデンタルクリニック

日曜診療 ご予約・お問い合わせ 042-576-5478

おおばデンタルクリニック

よくある質問

FAQ

よくいただくご質問にお応えします

Q.なぜホワイトニングの料金が安いのですか?

A.安かろう悪かろうではないか?と不安になる患者さんもいらっしゃると思いますので、お答えします。
その理由は、当院の「できるだけ高品質な施術を出来るだけ安価に提供したい」という想いからです。
皆さんに、出来る限り歯が白くなる喜びを味わって頂きたい、自信のある笑顔で生活をしてほしいと考えています。
そのために、できるだけ安価で提供できるよう心がけています。
おおばデンタルクリニックでは厚生労働省認可のホワイトニング材を使っているため、品質に関しては自信をもって提供しています。
何か不安な点やご不明点がございましたら、電話やメールでもお気軽にお問い合わせ下さい。

Q.ホワイトニングで歯をきれいにするのに年齢は関係ありますか?

A.基本的にはありません。
しかしながら加齢によって変色してしまった歯を白くするには限界がある場合がありますので、ご相談下さい。

Q.ホワイトニングは、保険はきくのでしょうか?

A.基本的に、歯のホワイトニングを歯科医院で受ける場合は保険の適応はありません。
歯石を取ってもらいたいのですが、すぐに取ってもらえますか?また料金はいくらぐらいかかりますか?
はじめに診査・検査が必要になりますが、一般的に初診時に歯石をおとりすることができます。
料金は3,000円前後になります。通院回数は軽度のものなら2回位です。

Q.セラミックの白い歯は、自身の歯と比較した際、見た目に違和感はありますか?

A.最近では審美性に優れた素材も沢山でてきているので、その違いは、歯科医師でないと判断がつかないとも言えるくらい自然になってきています。

Q.虫歯を放置していたら痛みと違和感が出てきたのですが?

A.歯の状態を放置したことによって、歯髄が感染を起こして炎症が歯根に波及し、歯の神経が感染を起こして炎症が歯の根に波及した状態です。
歯の神経を取る処置によって、歯の根の先にある炎症に薬剤を到達させる処置で対応出来る場合と歯を残す事が出来ずに抜歯に至る場合があります。歯を残せる可能性があるうちに受診されることが必要です。

Q.歯茎が変色しているのですが?

A.歯肉の変色は、単純にメラニン色素の沈着と考えるのが一般的です。
特に、病的な現象ではありませんがメラニン除去の処置をすることで元のピンク色に近付けることが出来ます。気になる方はご相談ください。

Q.服用している薬があるのですが初診の段階で伝えるべきでしょうか?

A.服用している薬等については、投薬処置が必要な場合、薬剤禁忌の可能性があるので詳細に伝えていただくのが原則です。
服薬中止が必要になるかどうかは処置内容によりますが、通常の虫歯治療で必要になる事はありません。

Q.銀歯の虫歯は抜歯になりますか?

A.虫歯の大きさにもよりますが、いきなり抜歯になることは稀です。
虫歯が神経までいっていれば、神経を取る処置が必要です。すでに、神経の処置をしている歯に関しては痛みを近くしにくいため、銀歯の中で大きな虫歯になっているケースがありますが、歯の根の方まで虫歯が進行していれば、やむを得ず抜歯する事があります。

Q.虫歯だとしたら神経はとらなくてはいけませんか?

A.虫歯の進行程度、どの程度神経に近い部位にまで進行しているかによって、神経を取る必要があるのかどうかが判断出来ます。
虫歯の進行程度、どの程度神経に近い部位にまで進行しているかによって、神経を取る必要があるのかどうかが判断出来ます。レントゲン撮影によって、虫歯の進行状態はある程度は判断出来ますので神経を取る治療が必要かどうかは一度受診されることが必要です。

Q.予約をしないでも見てもらえますか?

A.基本的には予約制ですが、急なお痛みなどの緊急時には対応致します。
予約のお客様が優先になってしまいますが、できるだけお待たせしないように努めます。また、ご来院前にお電話を頂けると待ち時間の少ない時間帯をお知らせすることができます。

Q.入れ歯が割れたら?

A.入れ歯は修理することができます。
しかし、修理した部分は強度が落ちます。また、入れ歯が割れた原因をしっかりと突き止めないと修理した後にすぐに割れてしまいます。

Q.入れ歯は作ったら治療はおしまい?

A.ほとんどの患者さんは、入れ歯を製作したら治療が終了と考えられています。
しかし、入れ歯も定期的にチェックすることが必要です。材質によってはすり減りやすく、いつの間にか咬み合わせが低くなっている事もありますし、歯肉は年月と共に変化しますので、こまめに来院し、その時の歯肉や歯に合わせる必要があります。

Q.入れ歯の洗い方を教えてください。

A.入れ歯専用の歯ブラシで歯ブラシで磨きますが、誤って落として入れ歯が欠けたり、流しに流してしまわないように、洗面器などに水を張って、その容器の上で洗うようにしましょう。
その際、熱いお湯は使わないようにして下さい。熱で、入れ歯(義歯)が変形する恐れがあります。自分の歯がある場合は、柔らかめの歯ブラシで磨いてください。歯磨剤は使わないでください。キズになり汚れが付きやすく衛生的ではありません。

pagetop

042-576-5478   WEB予約